■表面物性研究会

 関西支部では、表面技術に対する若手研究者及び技術者の啓蒙の場として
「表面物性研究会(過去の表面物性研究会一覧)」を春と秋に開催しております。

平成29年度第1回表面物性研究会
(PDF版案内はこちら

主 催: (一社)表面技術協会関西支部
協 賛: (一社)エレクトロニクス実装学会関西支部
近畿アルミニウム表面処理研究会
(公社)電気化学会関西支部
電気鍍金研究会
(公社)日本材料学会関西支部
(公社)日本表面科学会関西支部
AMPI ドライコーティング研究会

標記の行事を開催いたしますので、多数ご参加下さいますようご案内申し上げます。

日 時 平成29年6月16日(金) 13:30~17:00
 
会 場 (地独)大阪産業技術研究所 森ノ宮センター 4階 小講堂 (大阪市城東区森之宮1-6-50)
 
講演内容 貴金属ナノ構造体の表面設計と応用 13:30~15:00
京都工芸繊維大学 材料化学系 中西 英行 氏

貴金属ナノワイヤーやナノ粒子の特性は、
表面に形成する薄膜や単分子膜の性質によって大きく変化することを明らかにしてきました。
この講演では、導電性高分子で被覆したナノワイヤーアレイを電極に用いた電気化学キャパシタの特性について詳しく述べます。
また、私たちが最近提案する動的ナノ粒子の原理と応用例について、最新の研究成果を紹介する予定です。
 
金属ナノ粒子を用いた樹脂表面金属化と材料開発への応用 15:20~16:50
大阪府立大学工学研究科 物質・化学系専攻 長岡 勉

金ナノ粒子を用いた樹脂表面の被覆技術を開発した。
本法は従来の無電解めっき技術に比べて省工程であり、環境負荷が小さい。
講演では技術の概要と電子材料、バイオ材料などへの応用について述べる。
 
参加費
    (テキスト代 消費税含む)
表協会員、協賛団体会員 3,000円
一般 5,000円
学生 1,000円
 
申込締め切り 平成29年6月6日(火)
 
定 員 60名 (先着順、定員に達し次第締切)
 
申込方法 参加ご希望の方は、こちらよりお申込み下さい。 推奨
あるいは、FAXまたはメールに「(一社)表面技術協会関西支部表面物性研究会参加希望」と題記し、
氏名・勤務先・所在地・電話番号・所属学会(表協・協賛団体)を明記の上、下記宛までお申込みください。
(一社)表面技術協会 関西支部 事務局 (担当:石川・森)
  〒606-0805
  京都市左京区下鴨森本町15番地
  TEL:075-781-1107
  FAX:075-791-7659
  E-mail:メールアドレスの画像
参加費は当日受付でお支払い下さい。